2018年11月26日

11月17日 高ストレス時代を乗り切る「人間力ストレスマネジメント」

MGS.JPG
高ストレス時代を乗り切る「人間力ストレスマネジメント」

「なぜこんなにもストレスが溜まるんだろう?
 まるで次から次に引き寄せているようだ。。」

こう感じること、ありませんか?
それ、正解です。引き寄せているんです。
なぜなら、ストレスは「自分の考え方・捉え方が引き起こし、上手にコントロールしなくてはいけないもの」だからです。

あやしい始まり方をしていまいましたが(笑)
MGSのブログです。

今回はストレスマネジメントの講座でした。
とはいえ、単純なテクニックの話ではなく、MGSの特徴でもある「人間力」「MVP」をベースにしてメンタルタフネスを自分のものにする内容です。

選択理論に始まり、ハーマンモデル、OTAKーU、マインドフルネス、ディマティーニ・メソッド・・・など、おなじみの理論も多く出てきましたが、ストレスマネジメントという横串でつなげると、また異なる見方ができて興味深いものでした。

やはり根っこは自分のMVP。ストレッサーにするのも、しないのも、そして感じたストレスを逃がすのもMVP次第だということを知りました。
私のMVPは未だ発展途上ですが、意識し続けることが強い心をつくると信じています。


個人的にはOTAKの結果が変わっていたことにちょっと驚きました。
最近、自分の中にあるふわふわしたものが嫌になり、イライラしていたところでした。
どこかで「自分らしさ」を追求したのですが、知らず知らずのうちに自分らしささえ変化していたようです。
自分を知ることは大事ですが、決めつけは逆にストレスを引き起こすのかもしれませんね。
よい気付きの機会をいただけたので、これも一つの成長と捉え、新しい自分を作っていきたいと思います。


大野先生、皆さん、ありがとうございました。

by ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年11月15日

10月20日 幸せの自己マネジメント「ドラッカー哲学と働き方」

20181020国永先生1.JPG

マーケティング(顧客の求めていることを知ること)とイノベーション
@自分の能力を高めるための学ぶ時間を仕事の中の時間に組み込む
A自分に原因を持ってくる。自分のやり方の何を変えたらよいのだろう
まさに共感できる言葉から講義はスタートしました。

■講義を受講して
 今、私が所属する組織にたりないものは、ドラッカー哲学であることをこの講義を受講しながら確信しました。組織にたりないということは、職員個人にも足りないということです。
まさに、私が所属する組織の喫緊の課題である組織力の低下を招いているのは、管理職のマネジメント力が無いからだと考えます。

 具体的にいえば、本来、管理職が組織全体を見渡し、業務の進捗管理と一人ひとりの能力を理解した人事管理を行い、加えて個人の能力を引き出しながら業務を行っていくことです。しかしながら、肩書だけの管理職になっていることから、職員とのコミュニケーションが図れず、信頼関係の構築も出来ていない現状です。
そのようなことから、相手のことを思いやる気持ちもなく話をすることさえも行えていないのです。
 そのため管理職の意識や行動が人をつなぐ役割をしていないことから、組織力が低下し、全体が弱体化しています。

 今ここで、私が所属する組織の活力を向上させるために行動しなければ、市民のために貢献したくても貢献できない時がくるのではないかと危機感を感じるところです。

 この危機感を解消するためには、ドラッカー哲学を管理職が学ぶことが喫緊であると考えます。管理職がマネジメントを理解し行動に移せたら、私が所属する組織は市民の声を聴き実行へとつなげ、組織全体の中で、市民のためにどうしたら
よいか、より良い万策を考え、進んでいけるのではないかと考えています。
まだ間に合う、これからでも他課との業務の進捗も把握し組織全体で仕事できる知識を得ながら協力し、より良い事業の実施に繫げてほしいと思っています。
 
 各所属にマネジメントが出来る管理職数人いれば無理と無駄をなくす方策が生まれ、働きやすい職場づくりを目指すことが出来ます。
 ぜひ、ひとりでも多くの職員がマネジメントを学ぶことで、私が所属する組織は変われると期待したいところです。

 国永先生!ありがとうございました。 BY トバリ
posted by メンバーズ at 16:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年09月25日

9月15日 人間力の引き出しを実践する『コーチング&メンタリング』

IMG_2642.JPG
MGSセミナーのユニークなところは、紹介しきれないくらいあるし、その一つ一つがとても面白く、そして楽しい。
今回のテーマは、大きくは3つ。
1.スティーブ・ジョブスのスタンフォード大スピーチで有名なConnecting the dots
2.田口一成氏の社会貢献事業を例としたメビウス思想
3.即効性のありそうなゴールデンサークル(話法)
それぞれが単独の1日セミナーのテーマになりそうだが、それぞれに脱線を交えながら1日で進められるのは、受講者全員が集中しているからだろう。
これが緊張とはかけ離れたリラックスした集中なのが興味深い。
出席者からの質問・意見が活発なのもMGSセミナーの特徴かな。
出席者のモチベーションが高くて、とても密度が濃いのは、何でも学んでモノにしてやろう!という気概の表れだ。
今日は、その出席者からもテーマとして要望のあったPacingについて書いてみたい。
Pacingとは、コーチとコーチを受ける者、メンタリングを行うメンターとメンティの間に信頼関係を築くことを指す。
信頼関係が構築できて初めて、Leadingと云う実際のコーチング・メンタリングに入れるというワケだ。
コーチング・メンタリングにおいて学んだ知識や経験を活かして「やる気にさせる」「モチベーションを上げる」「幸せにする」事は、短期的にはテクニックでカバーすることも可能であると考えている。
これは世の中に、ハウ・ツー的な書籍が溢れていることからも、多く求められている事でもあると言える。
曰く「部下は褒めろ」「リーダーは聞き役に回れ」的なテーマで褒め方や聴き方のテクニックを伝えていて、相手との真の信頼関係を結ぶ事は求めていない。
極端に言えば、部下をやる気にさせれば、裏へ回ってペロッと舌をだしても、業績が上がれば良い、としたやり方である。
元々、企業内の上司やリーダーと、部下・メンバーの間の人間的な繋がりが希薄であれば、そんなやり方でも一定の効果を上げることは可能であろうし、多くの人が求めるモノもそこにあるのだろう。
だが、メンターの求めるメンティの「幸せ」はそこにあるのだろうか?
少なくとも自分が理想とする形では無い。
誰に対しても分け隔て無く接し、相手を尊重し、相手の言葉を聴くというのは、上っ面でそう見せかける事は可能だろう。
一方、言うは易く行うは難しだが、それを心の底から想い、実践して、それが自分の生き様になったときが「幸せ」であり、人生の「成功者」となれるのではないだろうか?相手を心のどこかで馬鹿にしていても、自分の思った通りに動かせれば成功だとするハウ・ツーには、それが無い。
一時は上手くいっているように見えるかもしれないが、そんな行為は見透かされるもの。信頼関係の構築とはほど遠い。
信頼関係の無いコーチング・メンタリングなどあり得ない。
これが私の想うところであり、大野学長もセミナー参加者も想っている事だと推測する。
だからこそ、このセミナー参加者は熱く、モチベーションも維持できるのだろう。
なんとなれば、セミナー修了後の懇親会(という名の飲み会である)でも、熱く語る参加者であり、大野学長である。
もちろん大野学長も参加者も、お互いに尊重し合い、人間性を高めようとする姿勢が、このセミナーをユニークなものにしているし、これこそがPacingなのだと感じている。
今回のセミナーはLeadingに焦点をあてたが、Pacingに焦点を当てることはとても難しいのではないかとおもう。
なぜなら、それは知識やテクニックでは無いから。
それが判っていてなお、それを知りたいと思うのは、それだけ人との信頼関係を築くことが難しいからに他ならない。
そして、世のハウ・ツー的なセミナーでは得られない「実践」として、MGSセミナーは面白くて楽しいのだ。
学ぶ楽しさを味わい、信頼関係を広げることが、自分自身も楽しく、コーチを受ける者、メンティをも幸せにできることがわかってくるから。

2018.9.24  伊藤 浩章
posted by メンバーズ at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月25日

7月28日 個人の可能性を引き出す“マインドフルネス”

IMG_2475.JPG

マインドフルネスがシリコンバレーの企業を中心にブームとなり、
Google社には瞑想室がある、という話を知ったのが数年前。

私もMGS主催のマインドフルネス系セミナーにいくつか参加しましたが、
問題なのはその後の継続性でした。
本来、一生モノであるはずの考え方・呼吸法のはずが続かない。
きっと自分の中で消化しきれていないからだ、と思い、違った形で
何かを得られないか、ということで今回の講座を受講しました。

受講して感じたのはその理論の深さです。これは過去に受けたどの講義よりも
簡単には取り入れられなさそうな雰囲気を感じました。
不勉強ゆえ、ついていくのがやっとでしたが、一つ印象に残ったのは、
欧米のマインドフルネスの背景には哲学がない、というフレーズでした。
これまで自分の中でモヤモヤしていた感覚の一つがマインドフルネスが
ブーム的なもので、ファッション的な要素にありました。

数年後、もしかすると欧米でもマインドフルネス熱は冷めてしまっている
かもしれませんが、今回学んだ、日本的マインドフルネスは簡単には廃れ
ないような気がしました。なぜなら、背景に「哲学」があるからです。

西田幾多郎、歴史の教科書でした見たことがなく、何をした人かも分かって
いませんでした。
しかし、講座後にWikipediaで調べると、後世に多大な影響を与えた思想家
であることを知り、その系譜には現代で活躍する社会学者なども含まれて
いることに驚き、同時にもっと調べたいという好奇心がわきました。

大田先生、皆さん、ありがとうございました!

ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 15:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年08月23日

8月18日 すぐに始められる”MGS流マインドフルネス理論・実践”

IMG_2599.JPG

今回のテーマは、ここ最近で耳にする機会の増えた「マインドフルネス」です。
しかも今回はなんとニュージーランドと日本をスカイプでつなぐ二元中継での開催です。

「マインドフルネス」って難しい響きだけど、要するに瞑想のことでしょ?
集中力が高まったりストレスから開放されて心が健康になったりと、効果効能は様々聞こえてくるものの、なぜこんなにも注目されているの?
など様々な疑問と興味を持ちながらの参加でした。

冒頭に大野学長からの「マインドフル」な状態とは”今、ここ”に100%意識を向けることだと聞いたとき、日常“今”に対して無意識であることや、先々のことを考えながら行動していることってよくあるよな〜とふと気づきました。日常当たり前のように使っている「思考」「感情」「行動」を全て無にして、”今”だけに意識を向けることは、かなりハードルの高いことに思えてきました。

そして、いよいよニュージーランドからの柳井先生の講義。人間の体内では左脳時間と右脳時間が交互に訪れること、”今”に意識を向けるためにも最適な時間があることを理解できたことは、私にとって大きな収穫でした。そういえば、何をやっても集中できない時ってあるものな〜と妙に納得。
また、”今”に意識を向け自己観察するうえでのツールとして教えていただいた「意識(アウェアネス)の7つのレベル」。日頃ついつい低いレベルで物事を捉えてしまっているよな〜と深く反省するとともに、これを機に普段の人との接し方についてより高いレベルで接することはできないのかについて、見直してみようと思うきっかけとなりました。

こんな気づきや学びを踏まえて、最後はいよいよ瞑想の実践。
ポジティブに考えているときや感謝しているときに脳波として表れるという、アルファ波やシータ波を機械装置を使って測定しましたが、う〜ん、やっぱり難しかったです・・・。
頭では分かったつもりでいても、実際にやってみると上手くいかないのは大変もどかしいです。
しかしこれで諦めず、せっかくの学びの機会を活かすためにも、これから継続してトレーニングを積んでいきたいと思います。”今、ここ”の状態に自然と意識が向けられるようになると、自己観察しながら認知を深めることにつながり、その結果として幸福の実現に近づいていくということを信じて。

最後に、非常にパワフルでエネルギッシュな講義を展開していただいた柳井先生、大野学長、みなさま、ありがとうございました!

ありむら
posted by メンバーズ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年07月09日

6月23日 メンタリングで活きる「EQ能力開発」

IMG_2404.JPG
EQコミュニケーション

梶谷先生(くみちゃん)のEQコミュニケーション。今回の講座内容は自分の仕事、私生活、活かすポイントが満載のオトクな講座でした。
私が個人的に一番考えさせられたのは感情のメリットとデメリットです。
どのような感情にもメリットとデメリットがあります。頭では理解しているものの、いざその感情が押し寄せると
なかなか対処はできないものです(選択理論心理学の変えにくい「感情と生理現象」)
今回私は知らない間に「避けている感情」があることに気づきました。
それは「怒り」です。
アンガーマネジメントなどの影響もあり、世の中はできるだけ怒りを避けるような風潮にあります。

しかし、怒りを抑えすぎると「エネルギー」を削いでしまうことにハッと気づいたのです。
問題発見と正義を持って立ち向かうことの原動力に怒りの少ないメリット部分だと思います。


面倒なことを避けたいがあまり、怒りに蓋をしていないか??
自分に問うと「グサッ」と刺さります(笑)
見ないふりをしてスルーするのではなく、時には真正面からぶち当たってみるのもありかもしれません。
しばらくはトレーニングですね。


そして、今回は大場さん(ゆみちゃん)、曽根さん(そねっち)のMGS卒業プレゼンがありました。
お二人ともいつも一緒に学んだ「同志」ですので、プレゼンを聴くのは感慨深いものがありました。
堂々として、かつ思いがガツンと伝わるプレゼン、学ぶ点が多かったです。私も二人を追いかけて頑張ろうと思います!


くみちゃん、皆さん、ありがとうございました。
そして、ゆみちゃん、そねっち、卒業おめでとうございます!

byトオル
posted by メンバーズ at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月28日

5月26日 医学/科学が証明しはじめた「医師が唱える”新幸福論”」

加藤先生_2348.JPG

今回のテーマは「新幸福論」です。
「本当の幸せって一体なんだろう?」「どうしたら幸せに生きれるんだろうか?」そんなワクワク感に胸躍らせながらの参加でした。

しかし、講義が始まってみるや一転、「どう生きたいかを考えることは、すなわち死を考えること」というところからのスタート。
正直ビックリしました!今まで自分が死ぬことって考えたこともないし。(考えないようにしていたと言ったほうが正確かもしれませんが・・・)

でも実際に医師として「死」と向き合ってきた加藤先生だからこそ伝えられる「生」と「死」に対する考え方は、とても深く心に染みわたる内容でした。

臨死体験を経験した人の記憶や、退行催眠で前世の死まで記憶を遡った人の体験に、驚くほどの共通点があること。私たちは死後の世界というと一見霊的でオカルトなものに捉えがちですが、研究を進めると否定できないくらいの驚くべき事実がたくさんあることを知ると、鳥肌が立つくらいなんだか不思議な感覚になります。

私たちが「死」に直面したとき、決して孤独などではなく必ず誰かが必ずそこに居て、辿り着く場所はとても温かくて愛に満ちているところ。そして現世での行いを振り返ってから、さらに魂のレベルを高めるための学習を積み、それを実践するための課題を決めて次の生にチャレンジしていく。私たちはずっとこの繰り返し!
これを聞いたとき、「死」に対して「そんなに恐れなくてもいいのかなぁ〜」と思えるようになりました。
また、私たちの魂が一生終わることはないんだと考えると、まずは今世を全力で「楽しむこと」、そして「愛すること」「学ぶこと」を日々体現していこうと心に強く決意しました。

こんなふうにいつかは絶対にやってくる「死」を受け入れることで、日々「生きている」ことに価値を感じ、それを肝に銘じながら歩みを進めることが、やがて本当の幸せを手に入れることにつながるんだろうなぁ〜と。

最後に、加藤先生のみんなの幸せを本気で考えられていらっしゃるその姿勢や熱い想い、とっても素敵でした!

以上、加藤先生、みなさま、ありがとうございました。

ありむら

posted by メンバーズ at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年05月01日

3月24日 人生100年時代をどう生きる「真の働き方改革」

MGS東洋思想.JPG

3月24日のMGS講義は「働き方」に関するものでした。

今回の講義を通して感じた、働き方改革の一つの答えが「ミッションに沿った行動を取る」ということです。
誰にとってもよい環境、よい働き方というものは存在しません。
そうなると大事になるのが自分の考え方です。どうありたいか、どう生きたいか。
長らく人間性が失われていると言われている日本社会の働き方において最も必要なことが「自分はどうしたいか」という軸をしっかり言葉にできることであり、その軸を元にして選択ができることだと思います。
私もこれまで仕事を楽しみながらも、どこかで「堪えるものである」といった認識を持っていた気がします。しかし、人生100年時代。そういった考えでは走りきれるか不安です。
凝り固まった考えを少し、溶かしてみようと思います。

受講後、改めて自分の働き方について考え直してみました。まずは時間の使い方。私は外出中に際限無く時間を使って資料作成をしてしまう悪い傾向があるため、PCなどの機材を変えて制限を加えました。結果的に、1ヶ月ほど経ちますがまずまずの成果が出ています。環境を変えることも1つの方法かもしれませんね。あとは継続させること(これが一番難しいのですが・・・)です。頑張ります!

大野先生、皆さんありがとうございました。

ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年03月27日

2018年3月24日 人生100年時代をどう生きる「真の働き方改革」

3月24日MGS_1938.JPG

「働き方改革」。電通の問題から急に話題になり、残業時間制限やら、プレミアムフライデーやら、裁量労働制やらとホットな話題になっています。そんな環境の中で「働き方改革」を考えるという内容。

ただし、制度ではなく、自分の内面に対して自分の「働く」を定義して、これからどのように働いていくのかという自分自身の「働き方改革」というのが今回のテーマでした。
そもそも「働く」という言葉の定義にきちんとした定義がないということに驚きました。参加者それぞれが自分の「働く」の定義をしましたが、聞くと十人十色。それぞれの捉え方があり、全て「なるほど〜」と思えるものでした。定義が違えばアプローチややり方も変わってくるでしょう。まさに『正解』があるのではなく、個々の『生解』があるということですね。

相互メンタリングを通して自分の働き方を見直しました。
働くことのMVPを考えると、その元は自分自身のMVPからきているので、意外と考えやすかったですね。

自分自身がしっかり「働く」を定義していないと、周り(環境)に左右され振り回されてしまう気がします。そして、MVPという自分軸がないと働き方が合わないと言って転職しても、また働き方が合わないと言って転職してしまうでしょう。今回、自分の中にある「働き方」を内省すると、今の働き方は会社にいたころと比べて腹落ちしていると意識できました。

あとは実践としての仕事を増やすだけです(笑)

byそねっち
posted by メンバーズ at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年02月20日

2月17日 東洋の知恵を体感する「波動理論と心と身体の健康 」

IMG_1884 (1)20180217.JPG
さて、今回のテーマは「波動」
波動と聞くと波動砲とか、かめはめ波とかしか思い浮かびません(笑)
「全てのものに波動がある」と聞くと怪しく聞こえますが、私は昔、心理学の授業で「心も電気信号である」と聞いてなるほどと思った経験があるので、意外とすんなり受け入れられました。物質が原子核とその周りをまわる電子で構成されているのなら、何らかの振動(波動)が出ていてもおかしくありません。また、心が電気信号ならば、精神活動ですらなんらかの振動(波動)を持っていることもあり得そうです。

こんな前提から入ると怪しさが薄らぎます(笑)
今回の体験で面白かったのは、人によって波動が異なること。これも測定が正しいという前提に立つ必要がありますが、同じ波動の測定でも人によって異なっていました。その異なりで問題なりなんなりを判断するのですが、本当に人によって結果が違う。幸福感の波動という測定や潜在する精神的苦痛という要素で測定したのですが、これがまた参加者みなさんは幸福であり、問題ないという波動だったのですが、私は幸福感が低く潜在的心の闇があるという波動が出ているらしい(笑)そうなるとどんな心の闇があるのか知りたくなります。いろいろなことを抑圧して生きているのでしょうか(汗)あまり実感がないのですけどね。

今回のセミナーは不思議な感じでしたが、こういう世界もあるのだなあという多様性として捉えても面白いかもしれません。科学的根拠が証明されないと受け入れられないという人には難しいかもしれませんが、なかなか面白いセミナーでした。

しかし、自分の心の闇ってなんなのか気になります(笑)

byそねっち
posted by メンバーズ at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記