2016年08月23日

8月10日 集団の相乗効果を引き出す「人間力アクションラーニング」

羽利ちゃん.jpg

先日、とあるTwitter上でのやり取りがきっかけとなり、
昔取り組んでいたことに久しぶりにチャレンジしています。
普段はなかなか腰が重い私ですが、何故か今回はスムーズに行動をしています。
一体何が違うのだろう?と考えていましたが、
これは「他者が自分に発する言葉の重さ」ではないかと思っています。

ましてそれが「問い」だった場合、自分の「考える」はさらに刺激されます。
今回のアクションラーニングは「質問会議」とよばれるように、質問だけで進んでいく問題解決のワークショップスタイルです。
最初は質問だけで進むのだろうか、という疑問を持っていましたが、実際に参加してみると不思議なことに
グループ内の問題に向かう意識と問題をどう解決するかという焦点に向かっていくエネルギーの強さを感じるようになりました。
私たちは個人差はあるものの、常に考えて行動をしていますが、問題に直面した時に一人で悩んでいるとイヤになってしまい、考えることをやめてしまいます。まさに「思考停止」状態に陥ってしまうのです。

質問会議はそこに切り込むことができる手段だと思いました。今回のワークでは私の抱えている問題も
取り上げて頂きましたが、まさにカウンセラーがたくさんいる「集団カウンセリング」を受けたような気分になり、会議の中身もさることながら「みんなが考えてくれている」ことへの感謝の気持ちが湧き、温かい感じがしました。
私の問題への解決策は「とにかく行動してみないと始まらない」ということ。
そこに辿りつけたことが大きな収穫でした。

羽利先生、皆さん、ありがとうございました。

byワタナベトオル
posted by メンバーズ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月17日

7月30日 組織を明るく、暖かくする「EQを高めるコミュニケーショントレーニング」

EQの写真.jpg

”皆さんは一緒に働く相手のこと、どこまで知っていますか?
当然、血液型や身長・体重、趣味や家族構成も知っていますよね?
え?そんな個人情報知るわけないだろうって?
そんな関係性が本当の信頼は築けるんですか??”

なんて(笑)ちょっとオーバーかも知れませんが、講座内で実際に先生から聞いたお話です。
たしかに一緒にいる人のことを知らないまま、知ろうとしないまま、信頼関係を「求めている」。
でも実はその前にしなくてはいけないことがたくさんあるのです。

相手との距離を縮めるためにアクションを起こす。EQは開発ができるのですから、
得手不得手を言い訳にせずに能力を開発したいですね。

(最近では個人情報の絡みやパワハラ・セクハラなどの問題で
普段のコミュニケーションがデリケートものと捉えられていますが、
ちょっとナーバスすぎなのかもしれないな?と今回、個人的に思いました。)

EQに加え個人の性格の概念が加わったEQPI。
私たちが意識しない間に相手との関係性を決め、ゴールをセッティングしているという
フレーズが心に残りました。

個人的には昨年に続き2回めのEQ受講なのですが、
EQの講座は「確かに!」と思うことが多いです(Aha!)
日常での何気ないコミュニケーションにおいても使える、
そして自分のスタイルを変えることもできるEQは魔法のようだと感じました。

高山先生、皆さん、ありがとうございました!

by ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月13日

8月10日 集団の相乗効果を引き出す「人間力アクションラーニング」

羽利さん.jpg

今回は質問中心で会議を進める「質問会議」の学習でした。
自分自身がアクションラーニングコーチの資格を持っているので目的や進め方に特に新しい気づきはなかったのですが、実際に質問会議を行うと毎回いろいろな気づきを得ることができます。アクション+ラーニングです。

この質問会議でいつも「いいなあ」と思うことは参加者全員が会議のテーマ(問題解決)に真剣に取り組む姿勢です。会議によっては「俺が意見を言ってもなあ」「どうせ○○さんの意見で決まるんでしょ」など会議に参加することをあきらめてしまうこともままあります。しかし、質問会議ではルールのもと、参加者は平等であり、参加者からの質問や質問に対する応答は会議全体に影響を与えます。相互作用によって様々な気づきを得ることができます。

文章で書くと伝わりにくいですが、体験されるとその効果を実感できます。
参加者や参加者の質問によってプロセスが変わったり、結果が変わったりしそうなところが面白いところでもあります。体験するたびに「質問って大事だなあ」と思います。

最近ではこの質問会議は問題解決だけではなくリーダーシップ開発の手法としても使われています。興味がある方はぜひ一度体験することをお勧めします!

by そねっち
posted by メンバーズ at 10:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月05日

7月30日 組織を明るく、暖かくする「EQを高めるコミュニケーショントレーニング」

高山先生.jpg

今回の学習はEQコミュニケーションについてでした。
EQとIQはどちらか片方だけでコミュニケーションを行うより、2つをうまく合わせて使うことでより良いコミュニケーションとなるのではないかと感じました。EQだけでは気持ちや感覚となってしまい、人によっては感じ方が異なり上手く伝わらないかもしれません。逆にIQばかりでは頭ではわかるけれども温かみや人間味が感じられず表面的な関係にしかならないかもしれません。

両方をうまく組み合わせるのは「感じてから考える」ことを意識して使っていけばよいのではないかという点に気づきました。EQで感じた気持ちをどうしてそのように感じたのか、言葉で表すとどうなのだろうかとIQで整理することで明確になるし、相手にも説明できるようになりそうです。単に感情を伝えるだけではなく、感じた理由を言葉で相手に伝えられればお互いの共感や歩み寄りに繋がりそうです。

また、「負の感情に向き合う」ということも印象的でした。負の感情は自分の成長に繋がり生きるエネルギーになるということだそうです。負の感情(怒りや不安、悲しみ)をマイナスとして感じるのではなく、成長するように捉えることができるとのことです。

例えば、怒りの感情は「見返してやる!」「負けない!」など頑張るエネルギーとなりますし、不安の感情があるからそれを乗り越えようという勇気が出てくるということ。これを聞いたときにも感情を頭で考え整理することで自分の強さに変えることができると思いました。怒りの原因を意識してどう対応するのか決める、不安は起こっていないマイナス要素に対してどうしようと考えることなので、不確定な要素への意識を断ち切れば不安が薄らぐのではないかと考えました。EQで感じるマイナスの部分はIQを使うことでプラスにできるのではないでしょうか。

EQとIQ双方を組み合わせることで人生を豊かにできそうです。

byそねっち
posted by メンバーズ at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記