2016年12月05日

12月3日 ”人生100年時代に於ける「生き方」をメビウスで考える”勉強会

先週に引き続きブログを書いています。
今回の勉強会はリンダ・グラットン氏の「WORK SHIFT」と「LIFE SHIFT」をベースに人生100年時代を考えるというテーマで進みました。

人生100年と考えると、おそらく定年も長くなるであろうし、そもそも定年という考えが無くなるかもしれません。
参加者みんなが自分の人生100年をシミュレーションするワークをやりました。自分は社会人1年目から現在と現在から仕事を引退しようと思う期間が同じでした。そう考えると、来年が社会人1年目。まだまだいろいろなことにチャレンジできると考えると楽しいです。

メビウスで学習していると「今は時代(文明)の変わり目」という言葉が実感できます。
時代の変わり目だからこそ、正解が正解でなくなっているのかなあと感じます。仕事への取り組み方もこれまでのモデルが変化してきているのではないでしょうか。リンダ・グラットン氏も「WORK SHIFT」で2025年に仕事観が変わるという事を提唱しています。劇的に変わるのか、少しずつ変化していくのかはわかりませんが、状況が変わった時に自分が後悔しないような働き方を選択したいものです。

新聞を見ると「女性活躍」「起業」「労働時間短縮」など何かが変わりそうな動きを感じさせる単語が並んでますね。みんなが自分が納得できる働き方を実現できるように進んでいきたいものです。

by そねっち
posted by メンバーズ at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記