2017年04月18日

4月15日 「統合の哲学」

IMG_20170415_130559.jpg
IMG_20170415_101633.jpg
今回はMGSの本質的なところである「統合の哲学」がテーマ。
吉川先生・大野先生お二人によるお話でした。お二人の話を完全に理解して、ここに書いてお伝えするというのは無謀なので、私なりに理解したことを書きます。

すごく、単純かつ乱暴に言ってしまうと、AかBかと分けて考える、あるいはどちらかに決めるのではなく、場合によってはどちらもあり得るとか、別のやり方もあるのではないかと考えることではないかと捉えました。自分の考えと相反するものであっても、それを否定するのではなく、統合できないか(新しい道を探す)ということだと理解しました(本当はもっと深いと思いますが)

統合して考えると、対立が緩和されると思います。自分自身「なんで私のいう事がわからないのか!」と対立する相手を否定する考えから「そういう考え方もあるのか、他にもっといい考え(方法)はないだろうか」という考えになれるかもしれないと感じました。これが統合ってことでしょうか?

統合の考え方は対話となり、自分の利益だけでも自分の損失(一方的譲歩)だけでもなく、さらに妥協でもないWin-Winの関係を作るための基本となりそうです。まだまだ意識しないと自分視点で考えてしまいそうですが、日ごろから「統合」の考え方を意識していきたいものです。

By そねっち
posted by メンバーズ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記