2018年02月07日

1月20日 個人と組織の幸せを創造する「MVPマネジメント」

IMG_1772.JPG
少し時間が空きましたが、1月のMGSは「MVPマネジメント」でした。
MGSに通って早4年。昨年は2回しか受講できなかったため、今年はいろいろとスピードアップして受講し、仕事へも活かしたい。そして新年一発目ということもあり今年をどう生きるかを考えるために受講しました。

これまでMVPを取り上げる際は「現在・将来」にフォーカスすることがメインだったと大野先生は仰っていました。
確かに、ミッションやビジョンについて考えることはまさに今であり、どうなりたいかという点では将来を見ています。
今、そして先に目を向けるのは大切なことであり、「目的」こそが手段を、道を示してくれます。

しかしながら、いつもMVPのワークをすると一筋縄ではいかず、自分は得意ではないなぁ、と感じることが多いです。どちらかというとバリュー重視のタイプなのかもしれません。
農耕民族だから?なんて個人的に結論づけてます。そんなこといったら皆そうですけどね (笑)

でも、今回はこれまでの足跡、つまり「過去」にも焦点を当てたワークでした。もともと人や物のルーツを辿るのが好きな私にはピッタリでした。

connecting the dots スティーブ・ジョブズの有名なスピーチにもあったように、私たちの歩いてきたことは、回り回って繋がることがある。その通りだと思います。
昨年末、私は本を出版したので、今は書店回りを強化中です。飛び込み訪問をすることにはある程度の度胸と続ける根気が必要ですが、幸運にも私は飛び込み営業から社会人キャリアをスタートさせましたので、昔取った杵柄。抵抗がないのでおかげさまでスムーズに進んでいます。十数年経って点(dots)が繋がったのを実感できる瞬間です。

マンダラートを用いたワークを通して目標とやることを描き、過去と統合するメンタリングを通して、とあるキーワードが浮かび上がりました。

このキーワードは些細な言葉ですが、これまで意識せずにいたものでした。今後の人生のテーマともいうべく大きなものです。(うまく引き出して下さったゆみちゃん、ありがとうございました!)

過去と現在と将来の繋がりを実感し、それらを統合することで参加の目的だった「今年をどう生きるか」が見えてきた気がします。

大野先生、皆さんありがとうございました。
ワタナベトオル

posted by メンバーズ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記