2019年10月22日

9月28日 令和の時代の組織の在り方を考える「人間力リーダーシップ論」

大野 リーダーシップ.jpg
私にとってのリーダーシップとは力強い人のイメージが大きなものでした。
みんなの先頭に立ち、誘導し、その士気を高める人。
そのため、いざ自分がリーダーシップを発揮しなくてはならない場面にたった時
苦手意識と、プレッシャーが大きくありました。
今回、MGSでリーダーシップ論について学ばせて頂く機会があり、
リーダーシップにも様々なものがあることを知りました。

理想の上司を想像して、一緒に学ぶ方達とシェアする場面では、人それぞれ理想
とする上司像が違うこと、また自分が理想とする上司が必ずしも力強さだけが強調
されるものではないことに気づかされました。いろんな部下がいるようにいろんな
上司がいます。リーダーシップのあり方も必ずしも一つではないことを理解すること
ができました。

沢山のワークの中で、自分の内面を見つめることができ、それを共に学ぶ方々が
客観的な視点からフィードバックをして頂けるのは本当に貴重な体験です。
新しい自分を発見することができるのも、MGSのワークの大きな魅力だなと
感じます。

何事も「こうあるべき」と型にはめて考えてしまうことが多いのですが、まずは
「自分がどうありたいか」を感じることが大切。ありたい自分に向かうプロセス
を講師の先生方や一緒に学ぶ方から刺激を受けつつ、私のリーダーシップを探して
いこうと思っています。

大野先生、一緒に講義を受けワークをして下さったみなさんありがとうございました。

by C.H.
posted by メンバーズ at 18:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2019年10月15日

9月28日 令和の時代の組織の在り方を考える「人間力リーダーシップ論」

Reiko Photo.jpg
メンタリングジャーナル「人間力リーダーシップ論」

皆さんはリーダー、と聞くとどんなイメージを持たれるでしょうか?
今年はMGSでも、それ以外でもリーダーシップに関する講義を受講する機会が増えています。最近、自分の仕事において組織をつくる段階に差し掛かっているため、これまでの仕事の進め方とはまた違う視点が求められています。

最近、活躍が目覚ましい野球、駅伝、ラグビーなどスポーツの世界でもリーダーのあり方は変わってきているようです。
それは指示命令をする、ピラミッドのトップにリーダーが君臨するような形から、組織のメンバーを支える・愛を持って接するリーダーへの変化です。
しかしながら、リーダーは特性ではなく、心・態度である、という考え方に変わってきていますが、まだまだ時代は平成、どころか昭和のまま、という組織も多いようです。

今回の講義でとりあげられていた「サーバント・リーダーシップ」の理論はなんと50年も前に提唱されていました。そう考えるとすごいことですね!
(もちろん、時代にフィットするには相応の時間を要したわけですが)

また、MGSの講義でハーマンモデル、OTAKは何度も行ってきましたが、診断を重ねると自分の変化に気づくことができます。まさに定点観測の効果です。今回は少し極端な形で表れました。自分の強みを活かしつつも、自分に足りないものを謙虚に他者に求めていくこと。うまく人を頼ることも組織づくりの鍵になりそうな気がします。
令和時代のリーダーシップを発揮するためには相手のみならず、自分のことも知らなくてはいけません。まさに孫子の兵法のように「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」です。

リーダーとしての人間力を書くワークでは力を発揮するためのワークの中で同じグループのメンバー(中野さん・林さん)からヒントを頂きました。自分ではなかなか気づかない点をフィードバックをいただけるのは非常にありがたいことです。

by ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

7月20日 メンター必見「能力を最大化する潜在能力開発」

Reiko.JPG
「能力を最大化する潜在能力開発」

講義からだいぶ時間が過ぎてしまいましたが、7月は柳井玲子先生の講義でした。
学んだことを日常生活で、しかも毎日活かせるのが柳井先生の講座の素晴らしいところです。とはいえ、いくつか受講していながら最近、活かしていない(サボっている)ことに気付いてしまいました。。

そこで今回はきっちり活かすべく。
今回の講義内容においては特にこの2つを活かそうと思います。
・右脳時間と左脳時間
右脳と左脳のどちらを多く使うか、に関して、これまではその人個人の傾向によるものだと思っていましたが、どうやらこれは私達のバイオリズムの中で入れ替わっているようです。
そう考えると授業中に眠くなっていたあの感覚は向き不向きでなく、根性でもなく、この右脳時間だったからなのでしょうか・・・

・ラポール形成
対人の仕事をしていると、相手との距離を縮めることが求められるため、意識・無意識問わずにラポール形成については取り入れてきました。しかし、自分では行っているつもりでも、まだまだ(経験が)足りないのだということを感じました。テクニックに陥りがちなミラーリングやペーシングですが、本当にその人との関係構築のためのラポール形成を意識したいものだと改めて思いました。

講義からかなり時間も経ちましたが、毎日、ではないものの、気付いた時に意識して取り入れています。令和の時代は潜在能力を見方につけられるような気がします(笑)

柳井先生、皆さん、ありがとうございました。

by ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記