2015年06月08日

6月6日「P.F.ドラッカーに学ぶマネジメント 自己を変革するマネジメント2」

2.JPG

今日は「P.F.ドラッカーに学ぶマネジメント 自己を変革するマネジメント」国永先生のセミナーの2回目でした。

セミナーの内容と関係なく、腰痛のため飲んだ痛み止めのせいで所々うとうとしていました(先生、すみません・汗)

さあ、今日の学びです。
事業を行う際、自分たちが何を提供できるのではなく、顧客が価値あると思っているものを提供するということが大事であるということ。自分たちが顧客を選択した時点で提供すべきものが決まるというのは印象的でした。
「ミッション(使命)」、「顧客」、「価値」のトライアングルで構成されることを理解しました。事業のミッションの対象は顧客であり、顧客が必要としているものが顧客の価値であり、顧客の価値を提供する本質がミッションになっている。なるほど、このあたりを意識して取り組むことがポイントですね。この3つの視点で今の自分の仕事を見るとどうでしょうか?みなさんしっくりきてますか?

「上司をマネジメントする」と言う話も面白かったです。
これは「上司を思い通り動かす方法!」ではなく(残念…)上司の強みを活かし、結果的に自分の仕事を上手くすすめるためのものです。基本は上司とのコミュニケーションを良くして、上司が自分にどうしてもらいたいかを聞き、自分も上司にどうしてもらいたいかを伝えるという姿勢が上司をマネジメントするということのようです。

具体的には、
・上司のワークスタイルに合わせる
・上司の強み(強みだと思うところ)を引き出す
・上司に報告をきちんとする
・上司を過小評価しない
ということを心掛けます。
上司も自分もアサーティブなコミュニケーションができるとうまく行きそうな気がします。
まずはアサーティブな関係構築が難しそうな気もしますが(汗)

byそねっち
posted by メンバーズ at 14:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/139087045

この記事へのトラックバック