2015年06月26日

6月20日のMGS「感性論哲学」

芳村先生 20150620 3.jpg

今回は、吉村先生の感性論哲学のご講義が、いかに凄い言葉の連続か、論ずるよりその一端を味わっていただければ幸いです

理性の近代から新しい文明へ、それに必要なことが今起きている
自由独創、原理的変革の時代、全部変えて行く、全部変わる

常識で考えるのではなく、常識を考える
学問的真理も疑ってみる

問題の連鎖を断ち切って、求める未来に現実を動かして行く
因果律⇔自由律

これからは、日本人がオピニオンリーダーになる
心が欲しいという寂しい人には、心をあげないといけない
祈る平和からつくる平和へ、それをやるのが日本人
考え方、感じ方が違っても一緒にやって行ける、矛盾を生きることが必要
日本人の成長の仕方は、自分にないものを学ぶことに幸せを感じ成長していくこと
個性を尊重し合って生きていく未来

量から質へと文化が変わっていく
量的拡大の限界に来ているが、質的向上には限界がない
完成度の高いものを創って行くのは、日本の独壇場

統合が必要、妥協ではない
今起こっていることは、新しい世界を創るのに必要なこと、宇宙には必然しかない
万象これ皆我が師なり

対立とは、自分が成長するために学びとらないとならないものを、教えてくれる現象
法則とは、宇宙の秩序を調和のとれたものとして合理的に説明したもの

愛を持ってものを見つめることで、心が成長する
愛の目で人に接し、自分と違う相手から学ぶ

一番大切にしないとならないのは、命から湧いてくるものがあるか?
学校では、命から切り離された理性だけが成長させられてしまう
人間的理性とは、多くの違う人達と如何に関わってやっていけるかを考えるために使うもの、感性と切り離された理性は、理性の理性
感性が理性によって成長させられることによって心ができる

600兆個の細胞を1個の命に結合しているのが感性
感性の結合が美を作る
感性は、「調和作用」と「分離作用」と「結合作用」、3つの作用で生命は維持できる

長所を伸ばして生きると、短所が人間の味になる
感謝だけでなく謝罪が必要、それで本当の人徳
人の短所を見たら、助けてあげようと思う
自分の短所をさらけ出すと相手が輝く、それが活人力

政党政治 → 統合政治
資本主義経済 → 人格主義経済
民主主義社会は、攻め合う社会、不完全な人間が攻め合うから問題
不完全な人間が、安心して生きられる社会、それが互恵社会

宇宙とは何か、生命とは何かを知って生きるのは、人間にしかできない
個体の命を、永遠の命に如何に関わらせるか

38億年の間に命は進化しており、それが今も自分の中に生きている
自分の100年間の個体の命を、更に進化させるために使う
更に進化させるには、命に痛みを感じる体験が必要
痛みを感じる生き方は、限界に挑戦する生き方
環境の激変は、母なる宇宙が子に与える試練
命が一番輝くのは、このためになら死んでもいいと思ってやっていられる時
今自分がやっている仕事に、そのためになら死んでもいいと思えるようなものがないなら、創っていかないといけない
燃えて生きることが、最高の人生
永遠の生命は、それを個体的生命に求めている


生ぬるい生き方を、先ずは謝罪しないと!
ツカピー
posted by メンバーズ at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/145872293

この記事へのトラックバック