2016年04月09日

3月12日“アドラー心理学ベースド”キャリア・サファリ

DSC01589.JPG
映画を1年に1本も観ない私。
今回の宿題は「好きな映画とその主人公について語る」ことでしたので、
考えこんでしまいました。
あえて観るのもなんだなぁ、と思っていた時、
そうだ!去年唯一借りてきたあの話にしよう!と思い出したのが
「幸せのちから(The Pursuit of Happiness)」でした。

ちょうど昨年サンフランシスコに行き、
そのサンフランシスコの街を舞台とした映画というだけでレンタルDVDを借りてきた、
ただそれだけだったのですが、今回のワークでいざ取り上げると不思議な事に
今の自分に欠けているもの、そしてこれまで避けてきたことを
訴えかけられているような気分になりました。

詳しくは映画を観ることをオススメしますが、確かにこの作品を観た際、
目的=息子と幸せになることのために、ただがむしゃらに突き進む主人公の姿には
心を打たれるものがありました。
その泥臭くも一生懸命頑張る姿勢、大事だと思いながらもどこか
カッコつけの自分が避けてきたことです。

今回の講座では自分の子どもの頃のエピソードにも焦点を当てましたが、
分かったのは過去をぐるぐると旅した後に戻ってくるのは「今」なのだということです。
マインドフルネスの講座でも感じたことですが、この「イマココ」は
頭で考え過ぎると難しいものになりがちなので、
まずは心を落ち着け、目の前のことにじっくり向き合っていこうと思いました。

佐藤先生、皆さん、ありがとうございました!

ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 14:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/174828702

この記事へのトラックバック