2016年04月26日

4月23日 ストレス軽減と創造性向上の為のマインドフルネス(理論と実践)

20160423 マインドフルネス.jpg

今回は「マインドフルネス」のセミナーでした。世の中では流行の感じがあるのですが、個人的にはあまり腹落ちしないというのが正直な思いです。そんななか改めて「マインドフルネス」とは何なのかを聞いてみようとこのセミナーに参加しました。

これまでマインドフルネスと禅の考え方がニアリーイコールと捉えてしっくりこなかったのですが、今日の大野先生のお話で少し理解が進んだ感じです。それはこんな話でした。

「環境・感情・行動・思考等から意識を切り離す。瞑想等によって脳が構造的な変化を起こしていく。そのために意識を変化させる必要がある」
これまで瞑想という事が何かを気づくための手法だと思っていましたが、瞑想はいろいろな状況から意識を切り離すツールと捉えた方がしっくりくることが分かりました。瞑想から何かを出すのではなく、意識を切り離したところから「意識に何が浮かんでくるか」が何かに繋がるのかもしれないという感じをうけました。

「意識に何が浮かんでくるか」これはU理論で言うところのこれまでにない解決の方法を思いつくことに繋がるのかなあと意識に浮かんできました。マインドフルネスの効果ですかね?まだまだ奥が深そうなのですが、もう少し理解が進むように学習していきます。

byそねっち
posted by メンバーズ at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175052996

この記事へのトラックバック