2017年08月05日

7月22日 ピーター・ドラッカーの哲学のよる「自己変革マネジメント」

1722国永先生 a.jpg

ピーター・ドラッカーの哲学のよる「自己変革マネジメント」

最近、自分の仕事について考えていたら気付いたことがあります。
それは「ルーチンワーク」がほとんどないということ。
どちらかと言うと自由を求める考えで自営業をしていますので、
決まっていない、ということは自分にフィットしていると思います。

しかし、決まっていないということは「決めていない」という側面も持っていて、
ある意味「マネジメントできていない」とも言えます。
これはマズイぞ、と思っていた所に今回のMGSの講義がありました。
マネジメントの神様、ドラッカーの哲学です。

ドラッカー氏は21世紀はすべての仕事がエグゼクティブだと言ったそうですが、
自分の時間の使い方も考えないといけないと思います。
責任ある自由のもとに知的労働者は何も意識しないと、際限なく時間を使ってしまいます。
本当に大事なことはなにか、目的は何か、顧客は誰か、シンプルですが難しい問いですね。
時間の使い方のみならず自分のMVPについても改めて考え直そうと思います。

講座内で紹介された「時間の記録」。
最近、堀江貴文さんの本で「多動力」という言葉が広まっていますが、
本当に成果を上げるのはシングルタスクで今ここに集中することなのかも知れませんね。
私も早速アプリをダウンロードしましたが、そもそも記録することを忘れてしまいます。
習慣をつくるって難しい。でもトライします!

講義後、ドラッカーをもっと読もうと思い「マネジメント」「イノベーションと起業家精神」を購入しました。氏の著書はベストセラーばかりなので原理原則を学ぶため、じっくり読み進めようと思います。

国永先生、皆さんありがとうございました。

ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/180558645

この記事へのトラックバック