2018年05月01日

3月24日 人生100年時代をどう生きる「真の働き方改革」

MGS東洋思想.JPG

3月24日のMGS講義は「働き方」に関するものでした。

今回の講義を通して感じた、働き方改革の一つの答えが「ミッションに沿った行動を取る」ということです。
誰にとってもよい環境、よい働き方というものは存在しません。
そうなると大事になるのが自分の考え方です。どうありたいか、どう生きたいか。
長らく人間性が失われていると言われている日本社会の働き方において最も必要なことが「自分はどうしたいか」という軸をしっかり言葉にできることであり、その軸を元にして選択ができることだと思います。
私もこれまで仕事を楽しみながらも、どこかで「堪えるものである」といった認識を持っていた気がします。しかし、人生100年時代。そういった考えでは走りきれるか不安です。
凝り固まった考えを少し、溶かしてみようと思います。

受講後、改めて自分の働き方について考え直してみました。まずは時間の使い方。私は外出中に際限無く時間を使って資料作成をしてしまう悪い傾向があるため、PCなどの機材を変えて制限を加えました。結果的に、1ヶ月ほど経ちますがまずまずの成果が出ています。環境を変えることも1つの方法かもしれませんね。あとは継続させること(これが一番難しいのですが・・・)です。頑張ります!

大野先生、皆さんありがとうございました。

ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/183132888

この記事へのトラックバック