2018年08月23日

8月18日 すぐに始められる”MGS流マインドフルネス理論・実践”

IMG_2599.JPG

今回のテーマは、ここ最近で耳にする機会の増えた「マインドフルネス」です。
しかも今回はなんとニュージーランドと日本をスカイプでつなぐ二元中継での開催です。

「マインドフルネス」って難しい響きだけど、要するに瞑想のことでしょ?
集中力が高まったりストレスから開放されて心が健康になったりと、効果効能は様々聞こえてくるものの、なぜこんなにも注目されているの?
など様々な疑問と興味を持ちながらの参加でした。

冒頭に大野学長からの「マインドフル」な状態とは”今、ここ”に100%意識を向けることだと聞いたとき、日常“今”に対して無意識であることや、先々のことを考えながら行動していることってよくあるよな〜とふと気づきました。日常当たり前のように使っている「思考」「感情」「行動」を全て無にして、”今”だけに意識を向けることは、かなりハードルの高いことに思えてきました。

そして、いよいよニュージーランドからの柳井先生の講義。人間の体内では左脳時間と右脳時間が交互に訪れること、”今”に意識を向けるためにも最適な時間があることを理解できたことは、私にとって大きな収穫でした。そういえば、何をやっても集中できない時ってあるものな〜と妙に納得。
また、”今”に意識を向け自己観察するうえでのツールとして教えていただいた「意識(アウェアネス)の7つのレベル」。日頃ついつい低いレベルで物事を捉えてしまっているよな〜と深く反省するとともに、これを機に普段の人との接し方についてより高いレベルで接することはできないのかについて、見直してみようと思うきっかけとなりました。

こんな気づきや学びを踏まえて、最後はいよいよ瞑想の実践。
ポジティブに考えているときや感謝しているときに脳波として表れるという、アルファ波やシータ波を機械装置を使って測定しましたが、う〜ん、やっぱり難しかったです・・・。
頭では分かったつもりでいても、実際にやってみると上手くいかないのは大変もどかしいです。
しかしこれで諦めず、せっかくの学びの機会を活かすためにも、これから継続してトレーニングを積んでいきたいと思います。”今、ここ”の状態に自然と意識が向けられるようになると、自己観察しながら認知を深めることにつながり、その結果として幸福の実現に近づいていくということを信じて。

最後に、非常にパワフルでエネルギッシュな講義を展開していただいた柳井先生、大野学長、みなさま、ありがとうございました!

ありむら
posted by メンバーズ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184243250

この記事へのトラックバック