2019年01月29日

1月19日 メンターの自己理解を深める「”心の利き手を見つける”MBTI」

林さん3690.JPG
〜左手で字を書く
時間がかかるくせに下手
読めなくはないけど
書いた字は歪んでいる
だから私は右手を使う
なぜなら右手は利き手で自然だから〜
              とをる

いきなりポエムでスタートしました(笑)

私達は文字を書く場合、意識せずに利き手を使います。
しかし、「心にも利き手がある」とするならどうでしょう?
普段行っている発想・発言・行動は利き手を使ったものでしょうか?
それとも逆の手で書いた「読めるけどイマイチ」なものでしょうか?

MBTIは心の利き手を知るアセスメントです。
MGSで学ぶ中でもアセスメントはいくつも触れられてきましたが、
今回の講座はそれらとはまた一味違ったものでした。

ワークを通じて、自分の心と対話をする。
この自分との対話を通してタイプをあぶり出す作業が非常に興味深く、
単に結果から傾向を知るだけでなく、そのプロセスにも価値があると感じました。

私のタイプは「ESFP」。今回「N」か「S」で迷ったのですが、ワークを通じて
どんどん自分の「S」の部分に気づいていき、同時に「N」に憧れて振る舞って
いる自分にも気づきました。
他のアセスメントなどと照らし合わせると自分には「N」的な要素が強いと
思っていたのですが、それはこうなりたい、という願望を行動にしたものであり、
右利きの私にとって「訓練された左手で書いた字」のようなものだったのかも
しれません。それを知ると、酷使したり、封印するのではなく、持っているもの
を素直に出して活かそうという気持ちになれました。

林先生、皆さん、ありがとうございました。

by ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185458115

この記事へのトラックバック