2019年10月15日

7月20日 メンター必見「能力を最大化する潜在能力開発」

Reiko.JPG
「能力を最大化する潜在能力開発」

講義からだいぶ時間が過ぎてしまいましたが、7月は柳井玲子先生の講義でした。
学んだことを日常生活で、しかも毎日活かせるのが柳井先生の講座の素晴らしいところです。とはいえ、いくつか受講していながら最近、活かしていない(サボっている)ことに気付いてしまいました。。

そこで今回はきっちり活かすべく。
今回の講義内容においては特にこの2つを活かそうと思います。
・右脳時間と左脳時間
右脳と左脳のどちらを多く使うか、に関して、これまではその人個人の傾向によるものだと思っていましたが、どうやらこれは私達のバイオリズムの中で入れ替わっているようです。
そう考えると授業中に眠くなっていたあの感覚は向き不向きでなく、根性でもなく、この右脳時間だったからなのでしょうか・・・

・ラポール形成
対人の仕事をしていると、相手との距離を縮めることが求められるため、意識・無意識問わずにラポール形成については取り入れてきました。しかし、自分では行っているつもりでも、まだまだ(経験が)足りないのだということを感じました。テクニックに陥りがちなミラーリングやペーシングですが、本当にその人との関係構築のためのラポール形成を意識したいものだと改めて思いました。

講義からかなり時間も経ちましたが、毎日、ではないものの、気付いた時に意識して取り入れています。令和の時代は潜在能力を見方につけられるような気がします(笑)

柳井先生、皆さん、ありがとうございました。

by ワタナベトオル
posted by メンバーズ at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186685567

この記事へのトラックバック